​   徳平薫作例